信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

信州 四季の駅旅

信州 四季の駅旅

旅・歴史・観光 長野県内の「駅」をテーマに季節ごとの表情を追った、一風変わった鉄道写真集。空に入道雲わき上がる夏、紅葉や収穫の秋、雪に埋め尽くされる冬、花がホームを飾る春―。面積が広く、山々や川、田園など自然の風景が豊かな信州だからこそ見られる風景に、駅のたたずまいや列車が絡んで旅への思いをかき立てます。登場する駅はJR・私鉄合わせて60駅余。車両を紹介するコラムや、県内全駅のデータ付き一覧も掲載しました。

●主な掲載駅
朝陽、梓橋、有明、飯森、稲尾、伊那小沢、伊那新町、伊那田島、伊那本郷、岩野、上田、鶯巣、臼田、渕東、姨捨、上桑名川、冠着、軽井沢、北中込、倉本、桑名川、佐久平、佐久広瀬、桜町、三溝、為栗、信濃追分、信濃川島、信濃境、信濃白鳥、信濃森上、すずらんの里、須原、高岩、高遠原、田切、田立、立ケ花、千代、テクノさかき、中井侍、中萱、中塩田、中土、中野、西上田、温田、野尻、野辺山、蓮、日出塩、古間、別所温泉、南神城、南豊科、宮木、牟礼、森宮野原、八木沢、八千穂、山吹、湯田中、横倉、夜間瀬、綿内




読者レビュー(9件)
静岡県駿東郡・76歳男性さん(2013年12月06日 09:31) 評価:

信州の信州らしい小さな駅がたくさん出て来て、ほんとうにうれしくなつかしささえ感じられます。その土地ならではの、風土や雰囲気がよく出ています。特に長野県は娘が嫁いだ先なので、なお強く、良い印象を受けます。楽しい本です。ありがとうございます。(愛読者カードより)


東京都品川区・70代男性さん(2013年11月15日 10:00) 評価:

実家が長野県境に接した新潟。若き頃生活に密着した飯山線、特に森宮野原駅の取り扱いに感一層。時々いい本を出すね!が素直な感想。本書の出版には感謝の一語。(愛読者カードより)


上水内郡・28歳男性さん(2012年09月28日 17:52) 評価:

春夏秋冬それぞれの季節が織りなす美しいかつ素晴らしい光景に思わず見とれてしまいました。ぜひ訪れてみたい駅もあって、良いと思いました。(愛読者カードより)


東京都練馬区・29歳男性さん(2012年09月24日 11:19) 評価:

春夏秋冬の季節と鉄道がよく分かり、良い作品でした。(愛読者カードより)


横浜市・68歳女性さん(2012年09月06日 12:25) 評価:

佐久出身の夫と結婚して40年余、横濱育ちの私も、いつの間にか「信州が故郷」という気分になっています。この本を手にして「なつかしい!!」思いと、1ページ1ページからの温かさに思わず顔がほころびました。信州でなくてもこの駅の味わいは、日本のあちこちにありました。越さん、これからも大切な心を私達に届けてください。(愛読者カードより)


東京都大田区・49歳男性さん(2012年08月21日 16:28) 評価:

小諸へお盆帰省の折、購入致しました。懐かしい故郷の鉄道風景が、東京に帰っても尚更一層胸にしみます。信濃追分駅の夏の風景は、私も思い出の原風景です。(愛読者カードより)


長野市・15歳男子さん(2012年07月27日 11:15) 評価:

とてもおもしろくて春夏秋冬の季節と鉄道がとてもよい画になった。(愛読者カードより)


上田市・88歳男性さん(2012年07月27日 11:14) 評価:

忌憚なく個人としての意見を申しますと、期待外れでした。題名は古里の四季、駅旅ではありますが、信州独自の駅舎と風景には程遠い、どこの地方でも大差なきではと思いました。採り上げた駅舎もホームも周辺の風景にその座を奪われてしまった感強く、このような出版物はせめて週刊誌大ぐらいの方が一段と迫力を増すのではと愚考します。越さんのご労苦に対し、勝手なことを申し上げましたがお許しください。以下の駅風景は信濃路らしく感じました。信濃森上、古間、牟礼、野辺山、テクノさかき、飯森、信濃境、上桑名川、高遠原、別所温泉。巻末の信州の駅ビジュアル一覧は参考になりました。(愛読者カードより)


千葉県流山市・15歳男子さん(2012年07月27日 11:08) 評価:

東京国際ブックフェアで見かけ、本の雰囲気に惹かれて購入させていただきました。私はまだ高校生で、なかなか遠出する時間がないので、この本を読むのはとても楽しみです。(愛読者カードより)



この本の感想を投稿してください!






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun