信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

信州魅惑の寺 お寺で遊ぶ・学ぶ・和む

信州魅惑の寺

旅・歴史・観光 閉塞した時代状況の中で、癒しの旅が脚光を浴びていますが、寺めぐりも中高年だけでなく、若い世代にも静かなブームとなっています。本書は、県内の社寺めぐり本を手掛けてきた自称「寺マイラー」の著者が、「食の寺」「名水の寺」「庭の寺」など、ジャンルごとに魅力ある寺をセレクトしてまとめた寺めぐりガイドです。自ら、写経、滝行、座禅、一泊修行など、体験取材しての「体験の寺」の章には、癒し度・苦行度・爽快度の評価表も付いていて参考になります。地図やデータはもちろん、「足をのばして」「いいもの見つけた」などの周辺情報も満載です。

【掲載している寺】
●食の寺
善光寺兄部坊(精進料理)瑠璃寺(薬膳茶・薬膳料理)龍光院(山菜料理)瑞松寺(自家製おやつ)安養寺(安養寺みそ・らーめん)健命寺(野沢菜)中禅寺(漬物・紫蘇ジュース)
●名水の寺
龍淵寺(観音霊水)香福寺(弘法大師ゆかりの清水)文殊堂(薬師吉祥の水)真楽寺(大沼の池の湧水)貞祥寺(洞源水)谷厳寺(延命水)浄光寺(雁田薬師の御霊泉)
●体験の寺
浄光寺(筆遊び)不動寺(滝行)善光寺薬王院(宿坊)瑞松寺(料理)光蓮寺(香道)全久院(茶道)長昌寺(1泊修行)塩田平(札所巡り)瑞松寺(落語)善光寺大勧進(写経)安楽寺(子供書道)無量寺(参禅)
●庭の寺
興禅寺(飛び切りの庭三昧)定勝寺(静謐な時間が流れる庭)地蔵寺(日本百名庭園の一つ)仏法紹隆寺(時代の異なる三庭園)長興寺(凛とした江戸中期の名園)西福寺(池泉庭園と裏山散策)慈雲寺(壮大な歴史、大らかな庭)光前寺(幽玄の庭と名勝庭)83コラム)
●花の寺
津金寺(カタクリ)常楽寺(ウメ)仲仙寺(ミズバショウ・カタクリ)古川寺(カタクリ・サクラ)瑠璃寺(サクラ)安養寺(シダレザクラ)光前寺(シダレザクラ)谷厳寺(サクラ)光輪寺(サクラ)玄向寺(ボタン)常光寺(シャクナゲ)前山寺(ツツジ)泉龍院(三色フジ)遠照寺(ボタン)満願寺(ツツジ)霊松寺(ドウダンツツジ)弘長寺(アジサイ)法船寺(アジサイ)深妙寺(アジサイ)高源院(アジサイ)稲泉寺(大賀ハス)信濃国分寺(ハス)津金寺(ハギ)大法寺(ヒガンバナ・コスモス)元善光寺(菊人形)
●殿様の寺
長国寺(松代藩・威風堂々として壮麗)玄向寺(松本藩・6代84年の光と影)建福寺(高遠藩・2代藩主は将軍のご落胤)忠恩寺(飯山藩・ひっそり眠る薄幸の若殿)長久寺(飯田藩・幕末の活躍と苦難を秘めて)西念寺(岩村田藩・幕末に要職、小藩の心意気)



読者レビュー(1件)
カルロスさん(2012年09月25日 23:07) 評価:★★★★★

東京出身ながら上田に単身赴任が長い私にとって、土日に訪問する新しい長野の魅力の場所をご紹介頂きました。これからこのガイドを見ながら、片っ端から回ってみます。因みに、北沢さんにこの本をご紹介頂いた上田市長昌寺の禅道場は、通い始めたばかりですが、この本に描かれているとおり、作法には厳しくも、座禅が終わればとても清々しい気分になる、ありがたいお寺です。



この本の感想を投稿してください!






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun