信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

信濃の橋百選

日本図書館協会選定図書
信濃の橋百選

旅・歴史・観光 日本図書館協会選定図書 長野県内に5000近くあるという橋を、歴史、時代、デザインや構造、用途などを硬軟両面のテーマで吟味し、100カ所プラスアルファを「名橋」として選定。河川に架かる長大橋はもちろん、鉄道橋や水路橋、歩道橋、既に使われていない廃橋まで、あらゆるジャンルの橋を紹介しています。県内の橋の特徴(総論)や橋の形、伝説、橋めぐりコースなどの解説やコラムも豊富な初の保存版「橋のガイドブック」です。

◆本書で紹介している橋
▽東信……川上大橋/馬流橋/栄橋/野沢橋/鼻顔橋/中津橋/望月橋/神輿橋/大石沢眼鏡橋/東橋/竹室眼鏡橋/腰越橋/馬坂橋/りんどう橋/大屋橋/七久里橋/塩野神社太鼓橋/醤油久保橋/住吉橋/上田ローマン橋/上田ハープ橋/上田橋/別所線千曲川橋梁
▽北信……昭和橋/大望橋/笄橋/大正橋/JR滝沢川橋梁/久米路橋/丹波島橋/両郡橋/勘太郎橋/松代大橋/小布施橋/村山橋/子安橋/新寿橋/立ヶ花橋/古牧橋/和合橋/十二沢橋/綱切橋/白鳥大橋
▽中信……国界橋/姫川橋/親沢橋/JR第一姫川橋梁/大出吊り橋/観音橋/宮本橋/山清路橋/小沢川橋梁/JR穂高川橋梁/沈下橋/稲核橋/雑炊橋/河童橋/御幸橋/千歳橋/蔵造川水路橋/琵琶橋/旧片平橋/中山道跨線橋/木曽の大橋/菅橋/大手橋/木曽の桟・木のかけはし/鬼淵橋/大鹿淵橋/伊奈川橋/木曽川橋梁/柿其水路橋/桃介橋/久保洞水路橋
▽南信……JR鹿野沢橋梁/旧立場川橋梁/宮川橋/茅野跨線歩道橋/上川橋/西街道懸樋群/天白橋/釜口橋/岡谷高架橋/北の沢眼鏡橋/伊那路橋/旧深沢川水路橋/虹橋/弁財天橋/伊那橋/大橋/北の城橋/大久保橋/坂戸橋/小渋橋/鼎橋/めがね橋/姑射橋/天竜橋/万歳橋/中之橋/南宮大橋/JR万古川橋梁/天竜橋/羽衣崎橋/宮前橋

◆総論、コラム等
 信濃の橋の特色とその魅力
 橋の形
 名橋を築いた技術者たち
 伝説の舞台となった橋
 信濃の橋の歴史(年表)
 名橋番外編
 信濃の橋めぐりコース .......etc.



読者レビュー(14件)
上田市・64歳男性さん(2012年02月03日 16:28) 評価:

橋に対する思いが深くなり、下からもながめて地域の歴史も深めたいです。私のお気に入りの橋もさがしたいです。(愛読者カードより)


大町市・64歳女性さん(2012年01月31日 15:59) 評価:

身近な橋に興味がありこの本を元に歩いてみたくなりました。本の大きさも丁度良いと思います。ぼろぼろになるまで見たいと考えております。(愛読者カードより)


長野市・86歳男性さん(2011年12月28日 15:58) 評価:

82頁、第1姫川橋梁の小さい写真は、大変珍しく貴重なものと思います。組立を終え、建造祝賀会の前の荷物試験の写真と思われます。おもりを載せてみて、どの位たわむか試すのです。実際の営業運転で気動車をこのようにわずかの間隔で運転することはありません。鉄道車両の重量はkg単位で正確です。写真を撮るためにこのような運行をしたのかもしれませんが、何となく気がかりになりました。楽しく読ませていただきました。78頁の国界橋の沢は、逃げられない沢で、昔から有名。地元の人は絶対に入らない。(愛読者カードより)


埴科郡・70歳男性さん(2011年12月14日 11:16) 評価:

橋は歩く時代から今の自動車の時代に変わり、古くなって架け替える橋、狭くなり架け替える橋が有りますが、この本を見て古い橋、新しい橋が見れて楽しかったです。これまらも見て楽しい本を出してください。(愛読者カードより)


上田市・52歳男性さん(2011年12月09日 17:40) 評価:

以前購入した「鉄の橋百選」が趣があったので、長野県版とのことで購入しました。身近な橋も多く、おもしろかったです。番外編として碓氷橋(県外だが)やJR犀川橋(一つだけトラスが違っている)も入れられればよかったかなと思います。また、値段との兼ね合いもあるが、写真ももう少し大きいと迫力があったかと思います。(愛読者カードより)


長野市・16歳男子さん(2011年12月09日 17:38) 評価:

この本を読んで、長野県には僕の知らない有名な橋がまだまだたくさんあるんだなぁとと思いました。また、何回か通ったことがある橋が、とても有名な橋だと聞き驚きました。村山橋や久米路橋、姫川橋など全国にもあまり例がないような橋がいくつかあったので、長野県はすごい所だと思いました。(愛読者カードより)


長野市・57歳男性さん(2011年10月31日 11:37) 評価:

出掛けるときに持っていくのにちょうど良いサイズです。「橋」は水面や空間とセットになっているので、自然と人間のとり合わせとして、とても絵になると思っています。いいガイドブックが手に入りました。(愛読者カードより)


埼玉県狭山市・44歳男性さん(2011年10月29日 15:09) 評価:

橋梁について詳しい執筆者の方のご尽力の成果か、非常にクオリティの高い本に仕上がっていると思います。特に写真のアングルが素晴らしい。(愛読者カードより)


27歳男性・上水内郡さん(2011年09月02日 13:25) 評価:

知っている橋もあれば、この本を読んで初めて知った橋もあって、ぼくにとってはとても新鮮に映りました。先人たちの知恵につくづく感心させられました。現代に生きる私たちも見習わないといけないなと思いました。(愛読者カードより)


たまさん(2011年08月27日 15:07) 評価:★★★★★

開くたびに新しい発見があって、ドキドキワクワクします。


木曽郡・77歳男性さん(2011年08月24日 12:23) 評価:

信州の歴史を調べるには、大きな川、小さな河が多くあること、それに従っていろいろの意味で多くの橋が架けられている。その中から有名なるものを百を選ぶことは本当に大変であったと思います。様々な意味を持って地域と地域をつないでいくこと、本当に興味深いものがあります。小生の住んでいる村にも、かなり多くの川があり、それにつながる意味で、本当に良い書であると思って、この本を求めました。(愛読者カードより)


不明さん(2011年08月10日 14:00) 評価:

橋を見る為に旅行したいと思います。写真もあって、おもしろい。(愛読者カードより)


著者 やまうらさん(2011年07月30日 18:10) 評価:

村瀬様へのお答え
ご購読ありがとうございます。北の沢めがね橋の内部の写真がないため、ご疑念はごもっともです。アーチの部分は煉瓦でできています。側部の石積みは橋台と区分されます。この橋は、先日文化庁の「登録有形文化財」になりました。機会がありましたら、お車をとめ、河底から眺めて頂ければ幸いです。


村瀬さまさん(2011年07月30日 05:10) 評価:★★★★★

一般の人に分かりやすい表現で、また技術的にもきちんと記述されていて、旅行する際に携行して訪れたくなります。県外の本屋さんで購入できると良いですね!
<疑問>P128北野沢眼鏡橋:文中では煉瓦積みアーチになっていますが、写真では石積みにしか見えません。石積みは端部のみなのでしょうか?



この本の感想を投稿してください!






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun