信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

和み菓子をめしあがれ 歩いて見つけた信州のまごころ

和み菓子をめしあがれ

旅・歴史・観光 和菓子職人の技や心意気、菓子とともに提案された和みの空間、そして信州ならではの菓子素材を探したルポ兼ガイドブック。
ほっとできる空間を持つ10店を紹介しながら、和菓子にかける思いを丹念に取材した第1章。くるみ、そば、栗、市田柿、寒天といった信州特産の菓子素材の変身物語をつづる第2章。そして第3章は、饅頭や団子など、信州に根付いた王道和菓子を取り上げました。
「お酒を飲みながらケンカする人はいるけれど、お菓子を食べながらケンカをする人は、きっと、いない。丁寧に作られた上質な和菓子には、人を和ませる力があるのです」とのあとがき通り、この本にはそんな「和み菓子」ばかりが登場します。



読者レビュー(5件)
東京都・54歳女性さん(2013年09月26日 16:17) 評価:

旅先の書店で手に取り購入しました。信州へのこの30年くらい、何回も行き、本の中には私が知っているお菓子もあり、興味深く詠みました。知らないお菓子もたくさんありました。写真がきれいで、文章も誠実で、丁寧に作られた本だと思いました。大切にしたいと思います(愛読者カードより)。


甘党さん(2013年08月16日 13:42) 評価:★★★★

昔ながらの和菓子には
巷で流行のスイーツのような華々しさはないけれど
素朴さの中に食するものを唸らせる説得力を
持っていますね。
女性目線の丁寧な文章が好感を持てました。
装丁も本で紹介された和菓子のような”やさしい”感じ
でとても良かったです。
次回作を期待します。


千曲市・36歳女性さん(2011年03月18日 10:44) 評価:

伊藤まさこさんの本に続き、こちらも購入しました。私のように少し若い世代も、伝統や郷土の習慣のよさに目を向け始めていると思います。これからも郷土愛あふれる本の出版を期待しています(愛読者カード)。


伊那市・68歳女性さん(2011年03月18日 10:43) 評価:

活字が小さかったことが残念です。載っているお店の数が思ったより少なかった(愛読者カードより)。


東京都・64歳女性さん(2011年03月18日 10:42) 評価:

結婚で信州を離れ40年。父母との別れの日までは毎年1月と12月には帰長しておりましたが、ここ15年は…。いとこが贈ってくれたこの本で心が“ほっこり”となりました(愛読者カードより)。



この本の感想を投稿してください!






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun