信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

長野県鉄道全駅

長野県鉄道全駅

旅・歴史・観光  この本は増補改訂版が刊行されています
 長野県内を走る鉄道7社(JR東日本、JR東海、JR西日本、しなの鉄道、長野電鉄、松本電気鉄道、上田電鉄)の旅客駅=全275駅について各種情報を網羅。ワイドなカラー写真に解説を付けて紹介した鉄道ファン待望の保存版データブックです。

▼路線・会社別に章分けし、駅の規模や駅員の有無等に関係なく「1駅1ページ」を基本に紹介(特徴のある一部の数駅は見開きで紹介)。全駅共通のレイアウトで、写真や各種データを見やすく配置しました。

▼データは、開業日、改称・移設日、起点・拠点駅や隣駅との距離、標高、利用者数(乗車/乗降、2007年度)、ホーム面・線数、設備・サービス、主な周辺公共施設や観光スポットを掲載。データのうち「設備・サービス」はアイコンで紹介し、ビジュアル的に楽しく、分かりやすくしました。そのほかの掲載データは「駅員(みどりの窓口有無や簡易委託も区別)」「券売機」「自動改札機」「特急停車」「トイレ」「スタンプ」「硬券入場券」「観光案内所」「売店」「喫茶・飲食」「駅弁」「タクシー」「駅レンタカー」の有無。

▼各駅の解説は、駅開設の歴史やエピソード、たたずまい、車窓からの風景や周辺の様子など、各駅とも同じ分量で要点をまとめました。

▼各駅データのほか、駅の説明や駅名標、入場券、秘境駅、スタンプなど、駅旅が楽しくなるコラムも充実させました。特に「駅雑学」のコラムでは、長野県という枠に絞って各種データを見比べたり、駅名を考察するユニークな内容です。また「そのほかの駅」ではトロリーバスやJRバスの「駅」も取り上げたほか、廃止された長野電鉄木島線の駅や、松本電鉄島々駅なども紹介。コラムで紹介している駅も含めると、本書で取り上げている駅の数(索引数)は280駅を超えます。

●信毎本紙掲載記事より---------------
<県内の全275旅客駅紹介 データやトピック1冊に>

 県内にある鉄道7社の旅客駅275駅すべてを網羅したデータブック「長野県鉄道全駅」が、信濃毎日新聞社から刊行された。駅舎のカラー写真を中心に据え、「一駅一ページ」を基本にして開業日や1日の平均利用者数などを載せたほか、トピックを300字ほどでまとめた。各社で異なる「駅名標」などを説明したコラムも挟み込んである。

 全13路線・会社ごとの章立てで各駅を紹介。設備が一目で分かるよう自動券売機やトイレ、売店などの情報をアイコン(絵記号)で表示した。

 「秘境駅」として知られるJR飯田線「為栗(してぐり)」には「難読度トップ」の見出し。雪の北アルプスを背景にしたJR大糸線「北大町」は「黒部ダム建設を支えた一帯」として、駅の歴史的な役割も解説してある。

 コラムで取り上げた「標高の高い駅」や、「利用者が多い駅10位」などのデータも目を引く。駅スタンプの中には、旧国鉄が1970(昭和四十五)年に始めたキャンペーン「ディスカバー・ジャパン」の懐かしい絵柄も見ることができる。

 昨年7月から休日を使って全駅を回って撮影、執筆した本社出版部の内山郁夫部次長(43)は「どの駅も地域のよりどころであり、設置された理由や物語がある。本書を鉄道の旅を楽しむきっかけにしてほしい」と話している。

 A5判、336ページ。2100円。県内の主な書店で販売している。問い合わせは本社出版部(電話026・236・3377)へ。

(2009年6月5日掲載)



読者レビュー(26件)
長野市・53歳男性さん(2010年07月15日 12:00) 評価:

長野の鉄道ファンにとって、こういう本が出るのを待ち望んでいました。出版してくれたことに感謝しています。しかし、スペース上、情報が限られるため、次の機会には線路配置の詳細や駅舎も詳しく載せてほしいところです。(愛読者カードより)


45歳男性・伊那市さん(2010年06月05日 09:21) 評価:

この本のおかげで電車を利用する際、駅を観察することが好きになり、飯田線のいわゆる秘境駅を訪れることを覚えた。(愛読者カードより)


飯田市・10歳男子さん(2010年01月07日 15:12) 評価:

おもしろかった。次は47都道府県の鉄道全駅のをほしい。(愛読者カードより)


上水内郡・25歳男性さん(2009年12月24日 16:46) 評価:

知っている駅もあれば、飯田線の為栗駅のような秘境駅もあって、知らない駅もあって非常に参考になった。私はまだ行ったことがない駅もあるので、ぜひ行ってみたいと思います。(愛読者カードより)


松本市・63歳男性さん(2009年09月14日 11:32) 評価:

訳もなく、うれしく楽しい本です。高校時代、豊野→三才→吉田→長野とゲタを履いて通っていました。出来たばかりの三才駅は電(汽)車よりホームの方が短かったです。(愛読者カードより)


千曲市・39歳男性さん(2009年08月31日 11:17) 評価:

県内の駅をまとめた本がなかったので、大変面白かったです。もう少しページ数を増やして、写真や文章を多くしてもらえばよかったと思います。上・下巻でも。(愛読者カードより)


塩尻市・79歳男性さん(2009年08月28日 14:50) 評価:

一鉄道ファンとして、県内鉄道全駅の駅開設までの経過やエピソード、駅名の由来、駅周辺の観光地や資料等、おやそうだったのかと思い知る事が出来、今からでも各駅停車の電車の旅に出たい思いにかられています。(愛読者カードより)


東京都大田区・46歳男性さん(2009年08月21日 17:17) 評価:

お盆に小諸に帰省して本書を手に取りました。地元の幾つかの駅はもちろん、遠い昔に訪ねた県内の他の駅も事も懐かしく思い出しました。(愛読者カードより)


松山市・32歳男性さん(2009年08月14日 12:06) 評価:

鉄道ピクトリアルを書店で拝見し、気になったので申込・購入を決意しました。各駅の横顔はもちろん、沿線(最寄駅)の各種施設(学校・病院etc...)情報も充実していて、旅人気分を味わえてよかったです。次回作をのぞむとすれば、「長野県鉄道の旅」(仮称)を続編として、出版をお願いしたいです。…この本を拝見して長野県下にある鉄道駅の多さに驚きしきりです。(鉄ピクはあまり隅々まで見ないのですが、パラパラと目を通していたら書評が目にとまり、大いに興味をひかれました。内容充実の本に出会えて、とてもうれしいです。次回作が楽しみでなりません)(愛読者カードより)


長野市・70歳男性さん(2009年08月14日 12:01) 評価:

編集には大変だったと思います。先ず稲荷山駅をさっそく見ました。JRに友達がいましたので勧めました。(愛読者カードより)


長野市・82歳男性さん(2009年07月24日 09:46) 評価:

第一に美麗、第二に懐かしさ、第三面白さ? 大へん良く出来ていて、目を皿のようにして読んでいます。切符、スタンプ等、また配線駅の情報もあって大へん良かったのですが、ここで一寸物足りないのは、電車の姿がちょこっと顔を出している程度がさびしかったです。欲を言えば、旧草軽、松電浅間線、上田交通真田線、旧善白鉄道等別に出版してもらいたい。(愛読者カードより)


長野市・男性さん(2009年07月24日 09:42) 評価:

文章が簡潔で、かつ、必要な内容は盛り込まれていて勉強になります。配線図など、模型製作の資料になるような本も期待します。(愛読者カードより)


飯田市・36歳男性さん(2009年07月16日 09:48) 評価:

県内全部の駅を同じスペースで紹介しているのは嬉しい。特に飯田線の為栗や千代なんかは何も周囲になくて書くことがなくて困ったと思う。でも良く書けている。写真もいい。価格もいい。県外の鉄友達に贈ろうか考えている途中である。(愛読者カードより)


長野市・80歳男性さん(2009年07月01日 11:33) 評価:

コラム、非常に細かい神経使いが嬉しかったです。全駅というのも素敵。(愛読者カードより)


新潟県小千谷市・40歳・男性さん(2009年06月25日 22:55) 評価:

本書は保存版データでは一級品で、前にJR全駅を紹介した本があったが、長野県内だけだとはいえ、私鉄、第3セクター全駅が出るのは初めてだと思う。(愛読者カードより)


松本市・50歳男性さん(2009年06月25日 22:53) 評価:

むかし利用した駅など、なつかしく思いました。(愛読者カードより)


佐久市・26歳男性さん(2009年06月25日 22:52) 評価:

長野県で生まれ育ちましたが、行ったことのない土地が沢山あり、この本で行ったような気分になりました。(愛読者カードより)


上高井郡・66歳男性さん(2009年06月25日 22:50) 評価:

各社の時刻表(長野駅←→松本駅、長野駅←→飯田駅、長野駅←→すざか←→ゆだなか、長野駅←→かるいざわ駅、主な駅のキップ代金)。スイッチバックのシクミを。県内いくつあるかも。駅のまちあい室の中の一部。たまには人物も1人〜2人入れろ。したしみがある。くぎりのときに地図の鉄道記号を少しくわえたらと。(愛読者カードより)


長野市・67歳男性さん(2009年06月25日 22:45) 評価:

新企画に挑戦した意欲は評価できるが、総花的すぎて掘り下げ感不足の感がする。(愛読者カードより)


岡谷市・66歳男性さん(2009年06月25日 22:43) 評価:

どの駅写真もとってもきれいで詳しく説明され、感動しました。日本駅最小時間とその駅の名前で旅する本があったらいいなと思いました(愛読者カードより)


伊那市・58歳男性さん(2009年06月25日 22:41) 評価:

JR、私鉄を利用するときに大変役に立つと思います。長野県内のバス会社の路線バスデータブックを希望します(高速バスを含む)(愛読者カードより)


上伊那郡・71歳男性さん(2009年06月25日 22:39) 評価:

定年退職後電車で旅することが多くなり、大変参考になる書であると思います。長野県内でも60代に自動車で旅をしたのは県北部のみ(仕事に追われて機会少なく)。今後は本書を参考に県内くまなく、列車の旅をしたいと考えていま(自動車の運転は70歳すぎ長距離は疲労しますので)(愛読者カードより)


長野市・68歳男性さん(2009年06月25日 22:36) 評価:

私は国鉄・JRを35年間勤務し10数年前に退職しました。営業面の仕事が主で転勤転勤で10数回引っ越しをしましたが、本書を読んで当時がとてもなつかしく思い出されます(時代が変われば駅もその時代にマッチしたものになります)。ありがとうございました。特にカラーで安価です。(愛読者カードより)


安曇野市・80歳男性さん(2009年06月25日 22:30) 評価:

めずらしいので買いました。(愛読者カードより)


無記名さん(2009年06月25日 22:29) 評価:

こういうマニアックな本、大好きです。長野県内の武道や格闘技のジム・団体のこの手の本を希望します(愛読者カードより)


信州レイルオンさん(2009年06月03日 16:15) 評価:★★★★★

私はいわゆるテツではないのですが、充実の内容、大変楽しく拝見しました。長野県内には様々な駅があり営みがあるのだな…と想いを馳せながらページをすすめると、さながら信州再発見・バーチャル鉄道の旅といった趣。鉄道ファンのマストアイテムとして、信州鉄道旅行のお供に、お勧めします。



この本の感想を投稿してください!






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun