信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

けさの一句 第四集

book_ikku4.jpg

文芸・評論・エッセー 信濃毎日新聞をはじめ全国の地方紙14紙に連載される人気俳句コラムの第四弾となる本書は、2008年の1年間に掲載されたものをまとめました。俳句は「季節の詩」です。日本の豊かな四季を詠み込んだ俳句とその解説は、究極のことばによる表現を楽しむ読み物として、多くの読者に楽しまれています。
今回のまえがきで、著者の村上護さんは「十七文字という制約の中で、どれだけのことがいえるのか。俳句は言外に余情をただよわせることを良しとする」としています。そんな村上さんの季節に合わせた選句も楽しめる1冊。巻末には初句索引、季語索引、作者索引を収録しました。
村上さんは1941年、愛媛県生まれ。72年に評伝『放浪の俳人山頭火』がベストセラーとなり、坂口安吾や中原中也、尾崎放哉などの人物伝を出版するなど、著書は四十数冊に上ります。著名俳人との対談なども多く、俳句文学賞の選考委員なども務めています。



関連書籍〜こちらもどうぞ






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun