信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

信州映画人の贈り物 魂の表現者たち

日本図書館協会選定図書
信州映画人の贈り物  魂の表現者たち

料理・生活・趣味 日本図書館協会選定図書 「黒部の太陽」の熊井啓監督(安曇野市)、「鉄道員(ぽっぽや)」の降旗康男監督(松本市)、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督(松本市)ら、信州出身の8人の監督に聞いた、監督への道のり、故郷への思い、映画のこぼれ話などを収録しています。2006年から07年にかけて、信濃毎日新聞ウイークエンド文化欄に連載したインタビュー記事に大幅加筆しました。映画に込めたメッセージを添えたグラビアや、監督の足取りを辿る年表など、ビジュアルな構成で、楽しんでいただけます。巻末の主要作品ビデオ・DVDリストは、劇場で観そびれた人や、これから観てみたいという人たちに、映画ガイド本としても役立ちます。
 「ALWAYS 三丁目の夕日」のオープニングシーンは、「少年時代の松本市の街の感じを思い出しながら作った」と山崎監督。「ある日、友達と遊んでいると特攻隊員が、『君たち、絶対、兵隊に志願したら駄目だぞ。この戦争は負けるんだから。外交官か科学者になって国を再興しなさい』と諭すように言った」と降旗監督。元特攻隊員をテーマにした「ホタル」には、松本・浅間温泉の実家の隣の旅館に泊まっていた特攻隊員との交流が反映されているようです。
 8人の監督たちが、時代や社会への問いかけを突き詰め、映画を通して発した、魂を込めたメッセージが、心に響く一冊です。



関連書籍〜こちらもどうぞ






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun