信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

けさの一句 第三集

book_ikku3.jpg

教養・教育 信濃毎日新聞一面で、作家で評論家の村上さんが1日1句ずつ取り上げ、解説している人気のコラム「けさの一句」。今回は2007年の1年間に掲載されたものを1冊にまとめました。
俳句は「季節の詩」。日本の豊かな四季を詠み込んだ俳句とその解説は、表現の多彩さを楽しむ読み物としても、多くの読者に楽しんでいただける本に仕上がりました。著者の村上護さんは1941年、愛媛県生まれ。72年に評伝『放浪の俳人山頭火』がベストセラーとなり、坂口安吾や中原中也、尾崎放哉などの人物伝を出版するなど、著書は四十数冊に上ります。著名俳人との対談なども多く、俳句文学賞の選考委員なども務めています。
村上さんは「名句は普遍性があり、創造的で模範性のある作品だが、秀句とは注目すべき作品ながら、歴史を通じて濾過作用が加わっていないもの」と定義されています。そんな村上さんの季節に合わせた選句も楽しめる1冊です。巻末には初句索引、季語索引、作者索引を収録しました。



関連書籍〜こちらもどうぞ






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun