信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

共生―ナガノの挑戦 民・官・学協働の外国籍住民学習支援

共生―ナガノの挑戦

教養・教育  国際化の機運が高まった98年の長野オリンピック以降、長野県内の国際化は「外との交流」から、身近な地域で生活する外国籍住民との生活の場での「内なる交流」に目が向けられてきました。そこで直面する、とりわけ大きな問題が「言語」。この克服するために、「親と子の日本語教室」や、教科書や資料を置く「リソースセンター」の設置、また、子どもたちの学びを支えるための支援活動「サンタ・プロジェクト」が各地でボランティア(民)と県などの行政(官)が協働して展開されてきました。
 現在も続くこれらの取り組みは、慶應義塾大学や信州大学(学)との政策研究にまで展開しています。本書では、こうした「内なる国際化」への挑戦(チャレンジ)の経過や成果を、民、官、学それぞれの立場で振り返って検証。さらに、アンケートや聞き取りによって現状の問題点を浮き彫りにしたり、コミュニケーションの方法論や、我が国の言語政策へ提言も加えています。
 身近な外国人とのコミュニケーションは、長野に限らず全国的な課題です。「多文化共生社会」をどう実現していくか―そのヒントが詰まった一冊です。



関連書籍〜こちらもどうぞ






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun