信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

読書の森づくり 子育ては本との出会いから 茅野市の実践

日本図書館協会選定図書
読書の森づくり

教養・教育 日本図書館協会選定図書  本を読む子どもの目が輝いている―。全国に先がけて子どもの読書推進活動に取り組んだ茅野市、その市民と市がパートナーシップの手法で、子育てに成果を挙げた約10年間の記録です。
 かねてから課題だった「心の教育」に読書を採り入れ、市民が推進母胎となる「読書の森 読りーむinちの」を発足させたのが2000年、同時に赤ちゃんに絵本を贈るファーストブックプレゼントも始まりました。翌年からは4ヵ月健診時にも1冊、05年からは新1年生に本を贈るセカンドブックプレゼントも行われています。さらに家庭、保育園での読み聞かせ、市内の全小中学校・高校での「朝読書」の定着、市民が開く多様な催し…と読書活動は大きく広がりを見せています。
 この市民手づくりの活動内容と経過、苦労そして喜びを携わったみなさんがまとめました。児童文学家の松居直さんは「未来を築く子どもたちの生きる力と心を育む」と語り「わが国の隅々まで拡め、さらに海外にもその理念と方法を具体的に語り拡める価値のある貴重な実践」と高く評価しています。
 本を読むということが、子どもそして親にとっていかに大切なことか―活字離れが言われる時代に、一地域の実践に学び考え直すヒントにしてほしい1冊です。









信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun