信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

黒部の太陽

黒部の太陽

文芸・評論・エッセー 三船敏郎、石原裕次郎の写真入り新帯が登場。
幻の超大作映画、全国で上映会開催中。原作をぜひ文庫版で!


1千万人に及ぶ巨大な人間の集団が働いた黒部の谷底。そそり立つコンクリートの岩壁に積み重なった7年の歳月の重さ−。黒部ダムを含む黒部川第四発電所の建設プロジェクト(通称くろよん)は、戦後の経済復興の本格化に伴う電力不足を受け、昭和31年に着手、38年に完成した。高さは186メートルで国内一。昭和39年、毎日新聞に連載された同名の記録小説に、数十枚の加筆を行ったこの作品は、「黒四で苦労した大勢の人たちの、人間の記録を書きたい。この工事で殉職した171人の人々のために、紙碑を立てたい」という著者、木本正次の強い意志によって産み出された。当時の関西電力会長、太田垣士郎は「ぜひ、生きた、血の通った文学の碑を立ててください。殉職者に限らず、黒四で苦労した人たちのために、どうか人間の記録を残してください」と答えたという。

※書店に旧帯(黄色)の本が並んでいることがありますが、内容は同じです。



関連書籍〜こちらもどうぞ
読者レビュー(1件)
JAMAさん(2009年01月21日 09:18) 評価:★★★★

普段余り本を読まない私ですが、何となく買って読んだところ、臨場感溢れる物語(実話)に引き込まれ、一気に読んでしまいました。是非機会があれば映画も見たいと思います。



この本の感想を投稿してください!






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun