信濃毎日新聞出版部
026-236-3377

当オンラインショップは1月15日リニューアルします

信毎の本ガイド

祈り遥かに 白鳥映雪自伝

祈り遥かに−白鳥映雪自伝

社会・ノンフィクション  小諸市出身・在住で日本芸術院会員、恩賜賞に輝く日本画壇重鎮の初の自伝。波乱に富んだ90年の歩みを、代表作制作の舞台裏を明かしつつ振り返る。
 画伯は明治45年生まれ。母は生後間もなく、父も小学生時代に失うなど、人生の荒波にもまれた。農家の跡取りとして期待され、農作業に励んだものの、17歳で罹った腹膜炎をこじらせ、生死の境をさまようはめに。小学校で見た伊東深水の美人画の感動が忘れられず、二十で画家を志し、猛反対を押し切って上京。行商、新聞配達、歯科医助手など、生活のため職を転々としつつ、深水に師事しながら画業に励んだ―。
 曲折を経た修業時代を含め、女性美の真髄に迫ろうとする画伯の心情が胸に迫る。巻頭カラー口絵16頁で代表的な作品も紹介。作品鑑賞に一層の厚みを与えてくれる。



関連書籍〜こちらもどうぞ






信濃毎日新聞社出版部 〒380-8546 長野市南県町657 TEL026-236-3377
Copyright© 2017 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun