<前の記事 | トップ | 次の記事>

飯田の風越登山マラソン 10月8日号砲

12071006.jpg

 飯田市のシンボルとして親しまれている風越山(1535メートル)で健脚を競う第58回風越登山マラソン大会(飯田市、信濃毎日新聞社など主催)は、体育の日の10月8日に開かれる。インターネットでも受け付けを始めた2010年から、標高差950メートルと最も厳しい白山社コースへの参加が増えており、昨年は過去最多の128人が申し込んだ。今回も県内外からの参加を呼び掛けている。
 大会は市営今宮球場を発着点として開かれる。「登山マラソンの部」は風越山の山頂近くまでを往復する12・4キロの白山社コースと、8・7キロ、4・9キロの3コース。麓のかざこし子どもの森公園を走る「みんなで走ろうの部」(3・8キロ)、「ウオーキングの部」(6キロ)もある。
 地元の小学生の参加が横ばいとなっていることから、積極参加を働き掛ける。
 参加料は、登山マラソンが一般3千円、高校生千円、中学生500円。みんなで走ろうは高校生以上千円、小中学生500円、親子1500円。ウオーキングは高校生以上500円、中学生以下200円。インターネットで各種大会の参加を受け付ける「RUNNET(ランネット)」などからも申し込める。締め切りは9月14日。問い合わせは市教育委員会生涯学習・スポーツ課内の大会事務局(電話0265・21・3001)へ。
写真説明:風越登山マラソン大会の会場となる飯田市の風越山(中央)

<前の記事 | トップ | 次の記事>

インフォ内検索

発信元


記事アーカイブ

信濃毎日新聞社