<前の記事 | トップ | 次の記事>

春の新紙面 4月スタート

<県内サッカー特集スタート>
 県内を中心にサッカーの話題を幅広く取り上げた月1回の特集「マンスリー・サッカー GetGoal!信州」が本日付朝刊から始まりました。
 松本山雅FCが県内初のJリーグクラブとして2部(J2)に参戦、AC長野パルセイロも日本フットボールリーグ(JFL)で奮闘するなど県内サッカー界は盛り上がりを見せています。
 今季から松本山雅の指揮を執る反町康治監督が国内外のサッカーについて語る「RESPECT(リスペクト)」をはじめ、松本山雅のチームや選手の話題、Jリーグクラブのある全国各地の街を巡る「Jのまち ホームタウン探訪」など、サッカーの魅力をさまざまな形で紹介します。

<元気100歳時代 100年の人生、教訓や長寿の秘訣>
 長寿の長野県には、元気なお年寄りが大勢います。100歳以上の人も1000人以上。「信州ワイド面」では、県内の100歳前後のお年寄りに話を聞く「元気100歳時代」を第2、第4、第5日曜日に掲載します。語れる人が年々少なくなっている戦争体験をはじめ、100年の人生の教訓を聞きます。併せてどうやって元気を保っているのか、健康長寿の秘訣(ひけつ)についても教えてもらいます。

<東京の信州 県外に根付く信州発祥の文化の今>
 県外を歩いていて、思わぬ所で「信州」ゆかりの地名や品物に出くわし、びっくりしたことはありませんか。地名をはじめ、食べ物、音楽、学校、企業…など、さまざまな分野に信州発祥の文化が根を張っています。第1、第3日曜日の「信州ワイド面」では、首都圏を中心に「信州」の物語と今を紹介します。まずは「東京の『信州』」からスタートです。

<選挙の動き 選挙情報、地域面で手厚く発信>
 2009年の政権交代後初の衆院解散・総選挙に向けた緊張感が高まっています。県内各小選挙区内でも、立候補を予定する各陣営の動きが活発化してきました。地域に密着して各陣営の動向を、より細かく伝えるため、4月から地域面に「選挙の動き―衆院選」を新設。市町村長選を含め、全県をカバーする「選挙の信毎」の取材網を生かして、前哨戦の段階から手厚く選挙情報を発信します。

<週間天気予報、9日間に拡大>
 「信州ワイド面」の天気のコーナーが、4月24日から変わります。これまで「週間予報」として7日分の予報を掲載してきましたが、9日間に拡大。例えば土曜日には「今週と来週、どちらの日曜日に出掛けようか」と迷う場合、日曜日の天気予報を比べることができ、便利です。予報は日本気象協会が担当します。

<「思索のノート」執筆者交代>
 土曜日の文化面「思索のノート」の執筆者4人が交代します。第1週(初回は7日)は佐久市出身のノンフィクション作家吉岡忍さん、第2週(同14日)は翻訳家池田香代子さん、第3週(同21日)は松本市出身の社会学者大沢真幸さん、第4週(同28日)は作家島田雅彦さんです。それぞれの視点から複雑な社会事象を読み解き、人間の在り方を考える随想をつづります。

<みんなでハングル 韓国語会話講座>
 毎週日曜日の朝刊で日本に近い国々の「今」を紹介している「アジア発」に、韓国語会話講座のコーナー「みんなでハングル」が加わります。近年の「韓流」ブームもあり、気軽に韓国旅行を楽しむ人が増えています。初めて韓国を訪れた人でも必要最小限の会話ができるよう、あいさつを含めた実践的なフレーズを分かりやすく解説します。
 2月まで掲載し好評を得た中国語会話「漢語茶館」と同様、QRコード(2次元バーコード)を使って携帯電話で専用サイトにアクセスし、ネーティブの発音も聴くことができます。

<前の記事 | トップ | 次の記事>

インフォ内検索

発信元


記事アーカイブ

信濃毎日新聞社