<前の記事 | トップ | 次の記事>

県縦断駅伝 展望…長野市など3強中心のV争い

県縦断駅伝コース クリックで拡大
↑クリックで拡大

 第55回県縦断駅伝は18、19日、長野市−岡谷市、松本市−飯田市の21区間218・4キロで郡市の代表15チームが出場して競う。今年から「ふるさと選手制度」が始まり、男子中学生区間を増設して実施。上伊那、全諏訪、長野市が終盤まで競り合った昨年に続き、今年も3チームが優勝争いの中心になりそうだ。

 2年ぶりの優勝奪回を目指す長野市の総合力が高い。長距離区間で苦戦し、3位に終わった前回の苦い経験をバネに底上げしてきた。県外の実業団にいた大久保(柄木田製粉)が3年ぶりに復帰して4区を走る。白樺湖から下る10区は前回区間2位の前島(トヨタカローラ長野)が調子を上げている。

 2日目は急成長した16区の平田(長野市陸協)と大学で鍛える20区の太田(日大)に期待がかかる。女子の5区は加藤(松代中)、18区は小田切(長野東高)で、県内の中学と高校ナンバーワン選手。両日とも終盤に自信を持っており、前半でいい流れに乗れるかがポイントだ。

 連覇のかかる上伊那は2日間とも大学生でスタートし、力のある高校生の2区唐沢(佐久長聖高)、14区佐々木(上伊那農高)に託して序盤に好位置を狙う。前回の最長3区で区間優勝した上島(平井星光堂)がエースとして精神面でも成長し、終盤の20区に控える。

 昨年までチームの柱だった羽生の抜けた穴は、県内にUターンした4区の柳沢(上伊那農高教)、10区のベテラン土橋(キョウリツ)らでカバーしたい。地元入りする2日目は16区大槻(ジェルモ)の走りが鍵。3年ぶりに優勝した昨年は、最終日に区間優勝者がいなくても勝ったように、全員がしっかりつなぐ走りができれば、今年もチャンスはある。

 全諏訪は最終区で逆転された前回大会の雪辱を期し、34年ぶりの優勝に照準を定める。ふるさと選手枠を活用し、一線で活躍する実業団選手で大量リードを奪う展開をもくろむ。4区の塩川(SUBARU)と16区の西沢洋(ヤクルト)は一万メートル28分台の力があり、両日ともここで一気に弾みをつけたい。

 上りの8区と9区は昨年補欠だった小坂(小野ゴム)、初出場の平沢(オーク製作所)で、2人がどこまで踏ん張れるかも重要。地元ゴールの初日は12区に昨年のエース区間を走った西沢悟(山二発条)がおり、最後に巻き返せる力を秘めている。

 レース前半の主導権を握るのは全佐久か。1区は前回大会で区間新記録をマークした宮入(MIDAS)で、4区には東海大で今年1月の箱根駅伝を走った市村(小森コーポレーション)を起用する。2日目も実業団選手の佐藤(トーエネック)で好スタートを狙う。

 昨年まで2年連続4位の松本市は、全佐久と全諏訪の主力だった中川(臼田高教)、牛山(アイテック)が加入して層の厚みが増した。ただ、当初予定していた松商学園高の選手が北信越高校駅伝と日程が重なり欠場するのが痛い。

 一昨年3位の塩尻東筑木曽は、ふるさと選手の家高(日産自動車)を1区、好調の松野(岡谷中央郵便局)を4区と16区に起用し、昨年の8位から再浮上を狙う陣容が整った。前回5位の飯田下伊那は若手とベテランを配した総合力で挑む。

<前の記事 | トップ | 次の記事>

インフォ内検索

発信元


記事アーカイブ

信濃毎日新聞社