高校野球2008
302)秋の北信越大会
10月19日 決勝 日本文理、4季ぶり優勝

 第119回秋季北信越高校野球大会最終日は19日、新潟市鳥屋野球場で決勝を行った。日本文理(新潟)が10―7で富山商(富山)を下し、4季ぶり2度目の優勝を飾った。
 日本文理はエース伊藤が富山商打線につかまり、三回に4連続長短打で3点を失い、四回には横山に3ランを浴びた。しかし、五回途中から救援した右腕本間が六回以降の攻撃を3人ずつで終わらせると、八回に打線が爆発。3四球に単打6本を絡めるなど、打者12人の猛攻で一挙7点を挙げ、逆転勝ちした。
 第81回選抜高校野球大会は来年3月21日から12日間、甲子園球場で開催する。出場校を決める選考委員会は来年1月23日に開かれる。


★決勝(終了)
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
富山商(富山)
日本文理(新潟) 10

(新潟市・鳥屋野)
(富山商業)村上−木戸
(日本文理)伊藤、本間−若林






 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】

QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
http://sp.shinmai.co.jp/sp/

100)センバツ
4月4日 決勝
4月3日 準決勝
4月2日 準々決勝
長野日大、4強ならず 7点差追いつ…
4月1日 準々決勝(長野日大7-8)
「守りからリズムを」 準々決勝へ長…
3月31日 3回戦
3月30日 3回戦
3月29日 3回戦(長野日大2-0)
初出場の長野日大が8強進出 北大津…
長野日大、8強なるか 北大津の右腕…
3月28日 2,3回戦
3月27日 2回戦
長野日大が3回戦へ練習再開 左腕想…
3月26日 2回戦
丸子修学館、健闘及ばず 智弁和歌山…
3月25日 2回戦(丸子修学館4-12)
長野日大が甲子園1勝 今治西に6−…
3月24日 2回戦(長野日大6-3)
長野日大、24日初戦 エース・打線と…
3月23日 1,2回戦
長野日大・丸子修学館、夢の舞台行進…
3月22日 1回戦
対戦相手校との監督対談 長野日大と…
長野日大は雨で室内練習 打撃に30分…
丸子修学館が甲子園練習 守備と走塁…
初戦決定 長野日大−今治西、丸子修…
組み合わせ決定 強豪チームに両主将…
丸子修学館の戦力 センバツへ県勢2…
夢の大舞台、甲子園へ 長野日大・丸…
長野日大の戦力 センバツへ県勢2校…
丸子修学館2戦2勝 長野日大は桐生…
甲子園に備え、長野日大と丸子修学館…
長野日大、愛知合宿スタート 選抜高…
長野日大と丸子修学館センバツ出場決…
長野日大は初出場 守りで勝負、打撃…
丸子修学館、31年ぶり 投攻守、基礎…

号外 長野日大4強ならず 延長で惜敗
号外 長野日大8強 北大津を完封
号外 長野日大が今治西破る

長野日大 野球部応援ブログ
丸子修学館高 野球部応援ブログ
号外 長野日大 選抜高校野球出場へ
号外 丸子修学館もセンバツ切符
101)春の北信越県大会
102)春の北信越大会
201)夏の長野大会
号外 松商、甲子園へ 佐久長聖破り2連覇
決勝 松商が35度目の優勝
勝ち上がり表
7月20日 決勝
準決勝 長聖サヨナラ、松商は右腕粘…
7月19日 準決勝
熱戦再開、19日準決勝 4校それぞれ…
松商学園と諏訪清陵 ベスト4決定
7月17日 準々決勝
佐久長聖と東海大三 ベスト4にまず…
7月16日 準々決勝
白熱の8強激突 16日から準々決勝
長野、終盤の猛攻 ベスト8出そろう
7月13日 4回戦
長野日大が難敵破る ベスト16出そろ…
7月12日 3回戦
丸子修学館、九回勝ち越し 16強へま…
7月11日 3回戦
長野高専、初の3回戦へ 集中力で岡…
7月10日 2回戦
上田西、攻めきれず 創造学園、光っ…
7月9日 2回戦
7月8日 2回戦 順延
木曽青峰が会心の1勝 連合チームで…
7月7日 1回戦
1回戦 松本工、投打かみ合う
7月6日 1回戦
開幕戦 長野が先制し主導権
7月5日 開幕戦
94チーム全力の夏 甲子園へ熱戦スタ…
高校野球長野大会5日開幕 4校を軸…
94チームが弾む夏 組み合わせ決定
組み合わせ抽選会は6月21日 94チー…
各球場の始球式 バッテリー募集
甲子園へ―7月5日開幕 県高野連が…
チーム戦力紹介
北信地区
東信地区
中信地区
南信地区
202)夏の全国大会
301)秋の北信越県大会
302)秋の北信越大会
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
Copyright© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun